家庭教師になるには

当サイトでは、家庭教師のアルバイトについて紹介しています。主に大学生が多く働く家庭教師のアルバイトですが、家庭教師として働くためには二つの方法があります。一つ目は、自身と受け持ちたい生徒の親とで直接交渉して契約する「個人契約」、二つ目は、センターに登録をして会社で生徒を探してもらう「家庭教師バイト登録」です。

個人契約は言葉のとおりの意味で、受け持つ生徒も時給に関する交渉も全て自分自身で行います。会社を通さないので、発生したお金はすべて自分の手元に入ってきます。この場合、家庭教師を探している知り合いにあたるか、掲示板などで生徒を探すことになります。一方で家庭教師のアルバイト登録は、家庭教師を派遣している会社に登録し、面接を受け、会社側が自分にあった生徒を探してくれます。なかなか条件にあった生徒が見つからないことがあるので、気長に待つしかありません。しかし、他のアルバイトよりも時給はよく、やりがいもあるので人に教えることが好きだったり、得意だという人はチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

なお、家庭教師になるのに、有名な大学出身だったり、あるいは在籍中でなければならないということはありません。たとえ高学歴だとしても他人に教えることが出来なければ意味がなくなってしまいます。学歴が多少は時給に加算される場合もありますが、だからといって有名でない大学だとしても時給が減ることはありません。